売買・賃貸についてのご質問

売買・賃貸についてのご質問

A.申込金とは

予約の意味合いが強く、購入検討する上で優先順位を確保するために支払う

もので、無事に契約が成立した場合は「手付金」の一部に充当されます。

不意の事故や予算オーバーなど、何らかの購入を辞める事態(契約を行わない・

不成立など)の場合になると通常、申込金は返還されます。

A.手付金とは

売買契約時に正式に締結する際に支払う証拠金。物件の引渡時に支払う頭金

として充当されます。

役割としては、契約の証拠として扱う場合の他に解約手付としての役割があります。

解約手付は、一般的には契約成立後から相手側が契約の目的を達成する為に

履行に着手するまでの間に使えます。

買主側から契約を解除した場合は手付金を放棄して、売主側からの場合は買主

からもらった手付金の倍の額を買主に返して契約を解除することが出来ます。

尚、解約手付による解約には理由は不要です。

A.査定価格とは

売買等の取引のみを目的として不動産の価格などを評価することを一般的に

査定価格といいます。査定価格は、売り出し価格決定などの参考情報として

活用され、取引事例等の客観的なデータを用いるなどの合理的な手法で

行われます。

A.売り出し価格とは

一般的には売主の希望価格と不動産会社の査定価格を踏まえて売主が

売り出し価格を設定します。

A .敷金とは

家賃の滞納時の弁済や退去時の原状回復費用として使われることになってますので

家賃の滞納もなく、特に修繕する箇所が無い場合には預けておいた金額がほぼ全額返還される

ことになります。

 

A .礼金とは

家主に対して部屋を貸してもらう代わりに支払う“お礼金”という意味合いですので、

解約後も返金されていないのが現状です。

お問い合わせはこちら
ページのトップへ